2015年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

平和 のページ

2014年8月18日   

安倍首相には永遠にバカンスを!

9日の平和記念式典。長崎市長はスピーチしました。

長崎が「ノーモア・ナガサキ」とともに「ノーモア・ウォー」と叫び続けてきたこと。日本国憲法の不戦の誓いは被爆国日本そして被爆地長崎の原点だと。

集団的自衛権の急ぐ議論に不安と懸念が生まれている、とも伝えています。

全国190の地方議会で反対を求める意見書が可決された集団的自衛権をめぐる問題。長崎の平和宣言は、大多数の国民、そして被爆者の「戦争はいや」の声に向き合った当然のメッセージです。

一方、安倍首相は被爆者との懇談でも「見解の相違」と自身、評価。被爆者の思いに応えることはありませんでした。

国民が何を求めているのか分からない首相。安倍首相には市井の声を聞く旅に出かけるべく、永遠のバカンスをさしあげたいですね。

                                                                                                                           note♪ kata


2012年10月15日   

青い髪の彼も「九条を守ろう」ー署名行動しました

10/13()1230分?1時間、空堀商店街(中央区)付近で署名行動をしました。

参加者は5人。「戦争放棄・戦力不保持、国家間の問題は話し合いで解決しましょう」事務局長のアナウンスの下、九条守ろう署名を40筆集めました。 

自転車に乗って信号待ちしていた60歳代くらいの男性は、「戦争放棄?でも日本独自で対抗できるようにせなあかんのんちゃうの?日本は力あんねんから」と言われたので、

 「そうですよ。だからこそ、対中国の問題でも韓国の問題でも言うべきことは言わなきゃいけないですよね。話し合いで解決しましょうというのが九条です」と答えました。意外と誤解があることが分かりました。

 戦争放棄というと「放棄」だけがひとり歩きして、言うべきことも言わず、何もせず、みたいな誤ったイメージが作られてしまう人もいるみたいです。

でも違う。憲法九条は話し合いで問題を解決するために積極的にテーブルについてもらうための絶対条件です。結果的に、その方は署名してくれました。


 一方、70歳代くらいの歩いていた男性は、「尖閣でも竹島でもずっと問題を先延ばしにしていたから、あかん」と話していました。問題を先延ばしにしてきた点が誤りであって、積極的に話し合いで解決していく手段としても九条が必要だという点では納得され、署名に応じてくれました。 

 空堀商店街の入口近くのたこ焼き屋さんでたこ焼きを食べていたロックミュージシャン風のお兄さんたちがいたので、ボーカル(なぜか分かるのです)の青い髪のお兄さんに声をかけると「ふーん。。」と署名用紙に視線を向けながら話を聞いてくれ、「戦争はやっぱりよくないと思うんですよね」に「分かりました」と署名してくれました。

署名行動でいろいろな人の話を聞いたり出会いがあるのはとても楽しいです。またぜひ企画したいです。 

note♪班 kat 


2012年4月19日   

平和を創るのはあなた

4月13日、安保破棄大阪実行委員会の事務局長を招き、「沖縄の基地問題と日米安保について」学習会を開きました。

「日本全国から基地をなくしてほしい」「沖縄の基地問題を一緒に考えていきたい」などの感想が寄せられました。


2012年4月 "お花見宣伝"したよ!

「核兵器全面禁止のアピール」国際署名

4/7 公園に"花見"で来られた方々に訴えました。

1時間で59筆!

次回は、5/12に街頭署名行動を予定しています!

 


2010年7月21日   

核兵器のない世界へ

核兵器廃絶と平和を願って活動しているしんふじん。
5月の核不拡散条約NPT再検討会議の成功にむけて8000筆分の署名を集めて国連に届けました。
秋の国連総会にむけてさらに1万筆をめざして、友人知人、街頭でと、署名行動も行っています。
沖縄普天間米軍基地や、自衛隊の海外派兵など安保条約や日本の軍備についても学んでいます。
平和大好き、何かしたいと思うんだけどどうしたら?戦禍で命を奪われたり家や学校をなくす子どもたちがいることに胸をいためておられる方、憲法9条生かして世界の平和をリードする日本に、と願う女性のみなさん、学んで感じていっしょにアクションおこしませんか?