2015年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

青い髪の彼も「九条を守ろう」ー署名行動しました

10/13()1230分?1時間、空堀商店街(中央区)付近で署名行動をしました。

参加者は5人。「戦争放棄・戦力不保持、国家間の問題は話し合いで解決しましょう」事務局長のアナウンスの下、九条守ろう署名を40筆集めました。 

自転車に乗って信号待ちしていた60歳代くらいの男性は、「戦争放棄?でも日本独自で対抗できるようにせなあかんのんちゃうの?日本は力あんねんから」と言われたので、

 「そうですよ。だからこそ、対中国の問題でも韓国の問題でも言うべきことは言わなきゃいけないですよね。話し合いで解決しましょうというのが九条です」と答えました。意外と誤解があることが分かりました。

 戦争放棄というと「放棄」だけがひとり歩きして、言うべきことも言わず、何もせず、みたいな誤ったイメージが作られてしまう人もいるみたいです。

でも違う。憲法九条は話し合いで問題を解決するために積極的にテーブルについてもらうための絶対条件です。結果的に、その方は署名してくれました。


 一方、70歳代くらいの歩いていた男性は、「尖閣でも竹島でもずっと問題を先延ばしにしていたから、あかん」と話していました。問題を先延ばしにしてきた点が誤りであって、積極的に話し合いで解決していく手段としても九条が必要だという点では納得され、署名に応じてくれました。 

 空堀商店街の入口近くのたこ焼き屋さんでたこ焼きを食べていたロックミュージシャン風のお兄さんたちがいたので、ボーカル(なぜか分かるのです)の青い髪のお兄さんに声をかけると「ふーん。。」と署名用紙に視線を向けながら話を聞いてくれ、「戦争はやっぱりよくないと思うんですよね」に「分かりました」と署名してくれました。

署名行動でいろいろな人の話を聞いたり出会いがあるのはとても楽しいです。またぜひ企画したいです。 

note♪班 kat